【賃貸経営を検討しているなら必見】現状復帰に関する知識を紹介

最新記事一覧

会社の引っ越しとは

作業員

スムーズに行うコツ

社員数の増加や企業収益の向上に伴って、広い場所に本社を移転する場合には、現在使っている賃貸事務所の現状復帰工事が必要です。標準的な現状復帰工事の坪当たりのコストは5万円程度ですが、内装や設備の配置状況によっても、総費用は大きく変わるでしょう。更にオフィス向けの内装撤去工事を請け負う業者によっても料金は様々であり、早めに複数の解体業者に見積もりを依頼するべきです。3月から4月にかけてはオフィスの引越しが集中するので、極力年度が変わる時期を避けて、移転作業を進めるのが賢い方法です。オフィス移転のコンサルタントに相談すると、引越しのタイミングや、現状復帰工事の業者選びのアドバイスもしてくれるでしょう。そして不要になったデスク類を処分する時に、オフィス家具やOA機器の買取サービスを活用するのが、引越し費用を減らすコツです。中古の複合機などへのニーズは大きいので、比較的新しいコピー機などは、10万円前後でリサイクル業者が買い取ることも可能です。コンクリート打ちっ放しの賃貸オフィスに入居している場合には、退去時にスケルトン状態に戻すのが、現状復帰工事を行うときの基本的なルールです。移転に向けて準備を進めるプロセスで、契約内容を丁寧にチェックして、規定に従って内装などを撤去するのがポイントです。契約満了時以外のタイミングで退去する時には、解約金などの支払いも生じるので、現状復帰工事以外のコストについても確認するべきでしょう。

Copyright© 2018 【賃貸経営を検討しているなら必見】現状復帰に関する知識を紹介 All Rights Reserved.