【賃貸経営を検討しているなら必見】現状復帰に関する知識を紹介

最新記事一覧

直す基準があります

リフォーム

日頃の手入れが大切です

賃貸住宅や貸事務所を退去する際に、どの程度まで現状復帰するとよいのか判断に迷うことがあります。自分が生活している際に生じた住まいの傷みを修繕する線引きを明確にしておくとよいでしょう。今の住まいに以前住んでいた人が付けた傷や汚れは、借り主が現状復帰させる必要はありません。入居時に、住まいに付いている傷や汚れを確認するチェックシートを再確認して見極めましょう。また、自分で付けた住まいの傷みであっても、全てを現状復帰しなくてもよい場合があります。大切に使用していても畳は日に焼けて色褪せたり、障子や襖は空気中の湿気を吸って染みが生じていきます。このような経年変化からくる住まいの傷みは、毎月支払われる家賃から貸し主が負担して現状復帰させるのが一般的です。同じ家財であっても使用の仕方によっては借り主が費用を負担して現状復帰させなければならない場合があります。畳にこぼした飲み物が原因で生じたカビや、壁にポスターを貼るために付けたネジ穴は、生活していた借り主の都合で付けた傷みになります。日頃からこまめに掃除、修繕を行い、傷みを最小限に抑える努力をしていると費用の負担がない場合もあります。しかし、手入れを怠っていたり過失によって付いた傷や汚れは、入居時に支払った敷金や保証金から費用を捻出します。契約条件によっても異なりますが、貸し主と借り主で話し合い、良い思い出を残しながらトラブルなく退去したいものです。

Copyright© 2018 【賃貸経営を検討しているなら必見】現状復帰に関する知識を紹介 All Rights Reserved.