【賃貸経営を検討しているなら必見】現状復帰に関する知識を紹介

最新記事一覧

物件を退出する時

部屋

工事にかかる費用

現状復帰とは、住まいや店舗やオフィスを借り、退去する時に物件を借りた時の状態に戻すことを言います。似た言葉で現状回復とも言われますが、どちらも意味はほぼ同じで、原状回復が法律用語で、現状復帰が建設用語と言う違いがあります。住まいを退去する時の現状復帰は、壁紙や床の傷み、水周りの経年変化などを見て、リフォームは必要かどうかを判断されます。例えば、畳が家具でへこんだり、日差しによる壁紙などの日焼けは、長年住んでいれば避けられないこととみなされるので、あまりに物件を乱暴に使っていない限りは気にすることはそれほどないと思われます。場合によってはちょっとしたことで敷金が返ってくるかの差になることもあるので、気になる場合は専門の業者に見てもらうという選択肢もあります。店舗やオフィスの現状復帰は多くの場合、専用の工事業者に依頼してやってもらうことになりますが、業種や店舗の規模によっては大掛かりな工事が必要になり、見積もりを出してもらうとかなりの額になって驚愕する借主も多く存在します。かといって業者の手を借りず自分たちで行うのはほぼ不可能です。そういう場合は、複数の業者に見積もりを依頼するのが賢い選択です。現状復帰作業は工事費、人件費など様々な経費がかかりますが、いい業者は必要な工事を行えるレベルにコストダウンして行うので他の業者よりもリーズナブルに現状復帰工事ができる場合があることが考えられます。

Copyright© 2018 【賃貸経営を検討しているなら必見】現状復帰に関する知識を紹介 All Rights Reserved.